タカノホームの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

タカノホームは、北陸である富山県や石川県など中心とした木造注文住宅メーカーで、時代や地域のニーズ合わせた進化をしてきました。

北陸独特の気候や風土において、耐震、耐久、快適性を考慮し、人と自然との調和を日々の暮らしにどのように反映させられるかを探求し続けています。

無垢床材や自然素材で建てられる家は、そこで住むご家族や環境に対しても優しさを与えられるエコデザインハウスとして評価があります。

地域密着型で30年間、この北陸で実績を作り上げてきた誇りとこだわりの技術で、地域の皆さんに愛されるべく業務を展開しています。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに3、4社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

タカノホームで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

注文住宅は個性豊かでどのメーカーを選んでよいのか、なかなか難しいところもありそうですね。

営業担当の雰囲気から実際の建物の施工状況、住んでからの感想など、メーカーが展開している告知内容だけではつかみづらい事も多々あると思います。

ここでは、実際家を建てた方、契約した方などの口コミを参考までにご紹介します。

タカノホームのリアルな悪い評判・口コミ

家を建てると決めた当初、タカノホームでの検討していたのですが、あれこれとオプションやグレードとうるさく言われてしまいました。あと打ち合わせも楽しくない雰囲気だったので、担当者が合わなかったと思います。

無垢床でのことですが、縦方向へのジョイントになっているので、完全な無垢でないのが残念なところです。触ってみると明確にわかり、足触りの悪い箇所も多くあるし、安っぽい感じがしてしまうと思いました。自然素材を使うならば、もっと全面的に使用して欲しかったです。そのほかの住まいの設計、間取り、素材、性能やデザインは全て満足していただけに残念です。

タカノホームのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

タカノホームの家に住んで18年になります。基礎、建物の造りに関しては間違いないかなと。どこかで聞いたような欠陥住宅による家が傾いてしまい、ドアなどが開け閉めしにくくなったということもないですね。当時の価格で坪単価45万円のプランだったのでしたが、外部の配管工事、電灯などを変更したら坪単価56万円くらいに増えました。その他もろもろ追加してこの価格になりましたが、標準仕様でのプランならもっと安くなると思います。坪単価にはいかなる費用が含まれているのか、実際の土地の広さをもとにして、おおよそかかる工事費用を聞いてみることで、おおよその価格は出てくるはずです。納得のできる価格で満足しています。

ライオン先生

住まいづくりは設計・建築も大事ですが、私たちはアフターサービスにも注目しました。我が家にて特にアフターを呼ぶという機会はなかったのですが、17年目経って窓の上部から雨漏りが発生してしまい、連絡しました。検査してもらいましたが、原因がなかなか特定できず、5回ほど足を運んでもらい細かい補修をしたのち原因の特定ができたので良かったです。保証期間中なのか定かではありませんでしたが、修理代金は無料。他会社の話を聞いたことがありますが、不具合が出て電話しても対応がルーズで、来てくれることがないところもあったりと、長く住むうえで安心できるなと思う会社です。

ライオン先生

自由設計と書いてありましたが、コンセプトのみの規格であって、そこからは自由設計が出来ます、という意味なのでしょうか。それか規格住宅だけど、自由度が高いのですよということなんでしょうかね。まあいずれにしても、ここはコンセプトがしっかりしている家なので、その中から選んで決めていく形になりそうです。デザイン的にも選択肢は多いと思います。

ライオン先生

18年目たってもアフターの修理をしてくれて、料金が無償だとはすごいです。というよりも18年目までの間に、これという不具合の発生がなかった事に驚きます。巷でよく聞く低価格住宅と違って、しっかりした造りの家なのでしょう。タカノホームは高いですが、それなりの安心があるということです。

ライオン先生

構造材は無垢材使用の外壁はガルバで、構造体はモノコック箱型で決まっていて、内装はテーマがもろもろありなのですが、自由に間取りを造ることができます。外観にこだわりがなくても、部屋の空間が広くできたり、吹き抜けがあったりと、自分たちの生活スタイルに合わせられるのが良かったです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

タカノホームの特徴を項目ごとに紹介!

人と自然がいかに共生できるか、このテーマにもとづいて自然素材にこだわった優しく、災害に強い家づくりを目指すタカノホーム。

ここではタカノホームの特徴をもとに、詳細をご紹介していきます。

価格帯・坪単価

40万円台 50万円台 60万円台 70万以上

デザイン性

清楚でシンプルに見える外観にも高い技術を感じる建物は、自由であるはずの自由設計が、考えすぎて難解な家づくりにならないよう、わかりやすい設計になっています。

木に囲まれる空間は、木の温もりを感じ、木の肌触りを感じ、木目の美しさを眺めることで、自然素材の家で暮らす快適さを実現できることでしょう。

デザインのテーマとしては、豊富なプランがあり、洋風、和風はもちろんなこと、「インナーテラスのある家」「歴史が生きる家」「通しの良い住まい」「子どもの笑顔が見える家」など、キャッチフレーズからなる家をデザインしてしまう発想が見事です。

部屋内部はスペースを広くとる設計ができ、開放感のある大空間、大開口など圧迫感のない、風通しの良い空間づくりを実現。

構造躯体から内部にいたる様々なところで無垢材を使用し、壁紙や塗料なども自然素材にて仕上げる内装、これは「光と風と緑と・・・」という創業時からのテーマを貫いているところでもあります。

耐震性

地震に強い家を造るため、タカノホームでは独自の耐震技術を開発しました。

国土交通大臣からの認定を受けた「タカノホームオリジナル耐力壁」は最高ランクである耐力を誇り、「耐震等級3」という最高等級の実現を可能にしました。

これが、タカノホームのTOPS工法です。

軸組工法と6面体で地震の揺れを分散する、モノコック構造を合わせて、自由度の高い空間を造ることができ、高い剛性を実現しました。

地震による揺れを吸収して、建物を倒壊させない躯体性能をもちます。

またタカノホームでは、地震や積雪に対し建物の地耐力を確保するため、有資格者にて行う地盤調査や地盤補強を実施します。

基礎部分は建物の耐震性、耐久性にとってとても重要な役割なので、高強度ベタ基礎というオリジナルな基礎を採用しております。

断熱性・気密性

タカノホームの家は、高気密で高断熱住宅を実現するために、高性能断熱材フェノールフォームを家の壁に隙間のないように張り巡らせます。

夏場の熱い外気や、冬場の冷たい外気をシャットアウトして、部屋内の暖かい空気を逃がさないようにします。

寒冷地仕様エアコンや温度・湿度をコントロールすることができる熱交換換気システムの採用により省エネにも優れた効果を発揮。

W断熱工法は部屋と床下、躯体である柱、壁などの温度差をなくし、結露やカビの発生を防止して、長く丈夫な家を造ることができます。

保証・アフターサポート

建築後の構造躯体での30年間長期保証を実現。

10年目、20年目に定期点検を行うことにより、構造躯体を雨水やシロアリから守ります。

フリーダイアルにて、各種ご相談、問い合わせ対応をしていますので、カスタマーサービス課までお気軽に連絡してください。

工期

工期の掲載は特にありません。

※住まいや気候、条件によって工期は異なります。

構造・工法

木造軸組工法

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

タカノホームをおすすめしたい人はこんな人!

ここまでの項目で、タカノホームの詳細が分かってきたでしょうか。

ここからは、タカノホームをお勧めするのはどんな方がいいのかご紹介してみましょう。

家づくりは北陸エリアにしたい方

北陸に根付いて30年の実績が確実にあります。

予期せぬ災害も、近年では予期できる災害、回避できる災害へと科学技術によって進化してきました。

しかしながら土地勘がなければその土地の天候による災害、地盤の状況などは捉えにくいかもしれません。

北陸は積雪の影響もあるため、地震による揺れとは別に、重みに耐える柱や梁という、躯体の強度が重要になります。

地域密着型のタカノホームならではの豊富な情報と地域に根付いた知恵こそが、安全・安心の出発点となるでしょう。

なお展示場は、富山県と石川県の各所にありますので、お近くの展示場へお出かけください。

北陸ならではの家づくりが見えてくることでしょう。

自由設計の家にこだわる方

日本の風土に適した木造りの家は、時代と共に大きく進化してきました。

在来工法の木造軸組においては、新しい技術や各部材を使用すれば、耐久性が高くなるという単純な解決策にはなりません。

タカノホームが、現時点で最善を尽くせる工法で「家づくり」を具現化するには、徹底して「木を熟知し、木をコントロールし、木に命を吹き込む」という理念がなければ成り立ちません。

このことを基本にして、いかに人がそこで快適に暮らすかに重点を置かなければなりません。

快適な暮らしには当然個人差があり、様式美であったり、合理性であったり、住む人の考え方が反映されなければ意味がないと思います。

外観からは想像できない、大空間のある間取りは「木造りの家」でどこまで可能なのか、積雪にも地震にも耐える強度は確保できるのか、この疑問に応えていくのがタカノホームのコンセプトです。

夢と希望の自由設計、まずは施工事例や展示場も豊富にありますので、体感されてみるのはいかがでしょうか。

和モダンの家に住みたい方

タカノホームは洋風の家も得意としていますが、なんといっても「和」のテイストが優れていると感じます。

1990年代からの核家族化が進み、多くの子供世代は、故郷を離れ都会生活を望みました。

いまだにその傾向は強いと思いますが、近年の自然災害やウイルス感染などで、故郷に引き上げる若者も増えています。

3世代が同居することになることも想定しなければなりませんね。

和モダンの家は、日本人特有の空間を造り上げます。

落ち着いた時間の流れを過ごしたい方にはお勧めです。

タカノホームで注文住宅を建てる時の9つのステップ

家づくりの流れは、どのようなものなのか。

ここでは、段階的にその流れをご紹介していきます。

①ご相談から始めましょう

家づくりは分からないことだらけですから、どんなことも遠慮せずにお話ししてください。

ご家族の要望、資金計画、設計に関する様々な疑問など、詳しくお話ししていただき、共有することから始めます。

②建築現場の見学と、モデルハウスでの宿泊体験

実際に建設中の建物を見学したり、完成した建物を見学したりすることができます。

モデルハウスでは、自然素材で造られた「木の家」に宿泊してもらい、その快適さを体感してもらいます。

ご家族での楽しいひとときをお過ごしください。

③基本計画の立案

お客様の具体的な建物規模、各所の仕様内容などを絞り込みます。

資金計画も詰めていき、たたき台を作っていきます。

完成までのスケジュールも決め込んでいきます。

④ご契約へ

設計に関する詳細、仕様書、仕様確認図、標準価格での確認をします。

各項目を納得していただけるか、確認をします。

工事請負契約の調印をして、ご契約金のお支払いをしていただきます。

⑤プラン打ち合わせ、図面決定、最終打ち合わせ

設計士によって行われるプランは、仕様内容の構造、外部、内部、設備など全てにわたって決定していきます。

インテリアコーディネーターによって、建物の配置図や電気系統の図面、工期の決定をしていきます。

最終的な見積書を、お客様が納得したところで決定となります。

⑥着工の準備をする

工事担当業者さんへの発注、各資材の加工依頼をします。

借入の申し込み、各種申請をします。

⑦地鎮祭から着工へ

工事の安全と、住まわれるご家族の健やかな生活を祈願します。

工事にあたり、タカノホームとお施主様で、近隣の方へご挨拶。

いよいよ着工です。

基礎工事から構造躯体、壁や屋根が出来上がり、家の形が見えてきます。

内部の工事で各部屋の仕上げをして、最終的にクリーニングを綿密にします。

⑧上棟から社内検査と立ち合い確認

全ての工事が完了しましたら、営業担当者、工事担当者、検査担当者の3者で、不具合がないか、最終確認を厳密に行います。

その後お施主様にも立ち合い確認をしてもらいます。

⑨お引渡し、アフターメンテナンス

タカノホームの担当責任者より、建物の設備や使用方法の説明があります。

工事費用のご精算、鍵の受け取りをして完了です。

入居後のアフターメンテナンスは、ここから始まります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

タカノホームの会社情報

タカノホームの会社概要

会社名 タカノホーム
創立 昭和58年4月1日
社員数 250名
資本金 1億6,000万円
事業内容 木造注文住宅設計施工(新築・増改築・リフォーム)、建築土木の設計施工及びこれに付帯する事業、宅地造成、宅地分譲、、分譲住宅販売、宅地建物取引業、木材業、木材加工
本社 富山県富山市今泉西部町7-1
電話番号 076-425-1211(代)

タカノホームが注文住宅に対応しているエリア

石川県全域

加賀市、小松市、能美市、川北町、白山市、野々市市、金沢市、かほく市、内灘町、津幡町、羽咋市、宝達志水町、志賀町、七尾市、中能登町、輪島市、穴水町、能登町、珠洲市

まとめ

北陸の気候上、冬場の積雪は大きな課題となります。

タカノホームのコンセプトが分かってくると、家づくりでの耐久性というものが環境によっていかに違ってくるのかを思い知らされます。

和のテイストがふんだんに活かされた現代風の和モダンの家は、特に惹かれるものがありますね。

木の家は、木造りに特化した理念がなければ、その美しさや快適さを表現することは不可能。

ご家族の安らぎと開放感を長く続けられるよう、木の良さを見直す機会にしてみてはいかがでしょうか。

タカノホームは展示場が多いので、ぜひ見学されて家づくりの参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /