建売住宅とマンションどっちがいい?メリット・デメリットを徹底比較!

マイホームが欲しい場合、建売とマンションどちらが良いのか迷う方もいると思います。

マイホームの選び方について、建売とマンションのどちらがピッタリなのか、様々な観点から考えることをおすすめします。

家族にとって建売とマンションのどちらが適しているのか、納得した決断ができるポイントを紹介します。

また、重要なことですので建売住宅も選択肢の一つとして考えている方へ100万円以上損をしかねないことを先にお伝えします。

ずばり新築一戸建て住宅を買うなら、仲介手数料0円&ベテラン宅建士うちハピがおすすめです。

ご担当させて頂くスタッフは全員ベテラン宅建士なのに、仲介手数料は0円で新築一戸建て住宅をご案内しています。

仲介手数料0円だけど、家の品質はもちろん、保証内容は変わりません。

建売住宅の仲介手数料は3%かかるのが一般的です。

しかし、うちハピではIT・AIの活用など徹底的なコストカット、全員宅建士が担当することでサービスの品質を高めつつも仲介手数料0円でのご紹介を可能にしています。

知らないと100万円、200万円以上損をする恐れも。

将来的に新築一戸建て住宅を買いたい方はぜひチェックして下さい!

うちハピ公式サイトはこちら⇒
uchihapi1

それでは解説をしていきます。参考にしてください!

建売住宅とマンションの選択は「これからの暮らし方」で決めるべき4つの理由

住まいを何にするか大事な選択ポイントは、住んでからの暮らし方を具体的にイメージして考えることが非常に大事です。

建売とマンションのどちらに住みたいのか、具体的なイメージを持っている方は半分ほどです。

家族の理想の暮らし方に該当している住まいを選択

どんな住まいに住んで、どんな暮らし方が理想的と思っているのかを細かくピックアップすることが大事です。

2階建てに暮らしたいのか、ワンフロアに暮らしたいのかは大きな選択肢となります。

子供がいる方は2階建てを理想される方が多く、夫婦2人暮らしや年齢を増した方はワンフロアを好まれます。

また、広いキッチンでのびのびと料理がしたいのか、光がたくさん入る広いリビングが欲しいのか、庭は必要なのかなど、理想とする贅沢したい要素を取り入れることは非常に大事です。

全てを取り入れることができなくても、理想とする希望をいくつか取り入れることができた住まいは、これからの生き生きとした暮らしを送っていく中で大きな重要なポイントとなります。

家族みんなで相談をして選択

住まいというのは家族全員で住む場所ですので、家族全員の意見を取り入れて決めることが非常に大事となります。

家族全員が納得できる住まいではないと、全員が安らげる住まいとすることができないからです。

家族1人1人が思う理想の住まいや生活スタイル、今の住まいに思う不便さなどを家族みんなで意見を出し合って、みんなが納得できる住まいの条件をピックアップしましょう。

夫婦のみで決めてしまうことが多くありますが、住まいに住むのは家族全員です。

子供などの他の家族の意見もしっかり取り入れることで、家族全員が安らげる住まいを作ることができます。

リフォーム会社などの専門家の意見を重視したいと思う方もいますが、あくまで住むのは家族です。

専門家の意見は意見として参考にし、家族の意見を重視しましょう。

人生設計に合わせた選択

住まいは今後何十年も住み続けていく場所ですので、人生設計に合わせた建物とすることはとても重要です。

今は子供も合わせて家族5人であっても、子供が大きくなると家を出ます。

住み始めは家族5人にピッタリの住まいでも、夫婦2人になると不要なスペースが発生してしまいます。

将来夫婦2人などの家族が少なくなることも考えて、住まいを選びましょう。

夫婦2人になった場合、使い勝手が良い間取りも考えると将来さらに使いやすい住まいとなります。

例えば、子供部屋2部屋を隣り合わせの部屋は、将来間仕切りの壁を撤去することで2室を1室にして広い寝室とすることができます。

リビングの隣に部屋がある場合、その間仕切りを撤去することで広いリビングを作ることができます。

また、病院や銀行などが近い場合は、将来足腰が弱くなった際に便利に行き来ができます。

今住まいを購入する時の状況だけを考えてしまいがちですが、将来どのような状態になるかもよく考えて住まいを選択すると一生暮らしやすい住まいとなります。

理想のエリアにある物件の選択

住まいの物件の内容ばかりに目が行ってしまうと、理想のエリアを妥協してしまうことがあります。

住まいと理想のエリアの2つを同時に叶える事は簡単ではありませんが、住まいばかりにこだわると住み始めてからエリアの不便さを感じて住みにくいと思うことがあります。

住まいの構造や間取りも大事ですが、快適に住み続けるためには理想のエリアに住むことも非常に大事です。

住まいの構造や間取りにこだわっても、エリアを無視した考えはしないことをおすすめします。

理想のエリアの完全な理想の条件を取り入れることができなくても、半分は取り入れることで住みやすい住まいとなります。

例えば、駅やコンビニまで徒歩5分が理想で取り入れることが難しい場合は、最低でも徒歩10分以内の場所を探す様にしましょう。

また、物件を見学する場合は、建物だけではなく周りの雰囲気も確認しましょう。

人通りはいいのか、どのような人たちが周りを歩いていて、道路の広さや歩道の有無、夜は外灯が点いていて物騒ではないのか、細かい部分まで自分の足と目で見て確認をして物件を決めましょう。

建売住宅とマンションのメリットとデメリット

建売住宅とマンションには、決定的な違いがあります。

違いを把握して、どちらが家族の理想に合った住まいになるのかを決めましょう。

建売住宅のメリット

建売住宅は一戸建ての建物ですので、管理費や修繕組立費、駐車場代金がかからないのが大きなメリットです。

また、1つの独立した建物ですので、プライバシーに富んだ自由な住まいになります。

自分の建物ですので、自由にリフォームやリノベーションも可能です。

隣の家と距離があるので、騒音などの心配がありません。

さらに、土地も自分の名義の場合は建物だけではなく土地の価値もあるので、築年数が経過しても資産価値はある程度残ります。

建売住宅のデメリット

建売住宅の1番のデメリットは、マンションよりも物件価格が高くなる傾向があることです。

マンションと同じ条件の場合、建売住宅は土地もありますので物件価格が高くなってしまいます。

また、自分の建物ですので修繕費用などの将来かかる修繕費用は自分でコツコツ貯めないといけません。

マンションは強制的に修繕費を毎月貯める形式が大半ですが、建売住宅は自分の範囲で貯めて行かないといけないので、なかなか貯めることができない方もいます。

さらに、単独の一軒家ですので、防犯性は劣ります。

マンションはセキュリティがしっかりしておりますが、建売住宅は自分でセキュリティを意識して確保しないといけません。

マンションのメリット

マンションの1番のメリットは、同じ条件の場合建売住宅よりも物件価格が安いことです。

土地の分が費用に含まれていないので、その分安く購入ができます。

また、強制的に修繕費を貯めるようになっており、将来の修繕計画がしっかりしています。

マンションの組合の方で資金を貯めて効率的に修繕の計画をしてくれるので、住民が把握して計画をしなくて済みます。

さらに、複数の個数が入っている建物ですので、保温面や日照面、景色の良さに優位性があります。

上下階に部屋があるので保温性に優れており、冬は寒くなく光熱費がかさまない傾向があります。

階数が上階の場合は日当たりが良く、景色もとても良いです。

マンションのデメリット

マンションの1番のデメリットは、修理費や修繕積立費、駐車場の費用の負担が多いことです。

また、隣と密接しているので、騒音を出したり出されたときに非常に気になります。

土地の所有権がないので、将来の資産価値は低くなってしまいます。

uchihapi2

建売住宅とマンションの選択は何を重視するかによりメリットとデメリットが変わる

何を重視して住まいを選ぶかにより、住みにくさに大きな差が出ます。

そのため、どんなポイントを重視して住まいを選ぶかにより、メリットとデメリットは大きく変わります。

大事なポイントは、これらが挙げられます。

金銭面のメリットとデメリット

同じ条件の場合、建売は一戸建てなので物件価格が高くなります。

管理費や修繕積立費用や駐車代も建売はかからなく、マンションは毎月数万円の負担が30年ほどの長期にわたり支払わないといけないとなると、大きな負担となります。

これらを比較すると、1,000~3,000万円ほどの違いが発生し、金銭面ではマンションの方が不利な傾向があります。

しかし、建売は自分で修繕費をまかなわないといけないので、間違いなく有利とはいえません。

資産価値のメリットとデメリット

建売は一戸建てですので、土地がある分資産価値が高くなります。

マンションは土地の所有権がある訳ではありませんので、建物部分のみの資産価値となり築年数の経過により資産価値はどんどん下がってしまいます。

資産価値は、建売の方が断然有利といえます。

防犯性や生活面のメリットとデメリット

マンションは建物全体で管理組合が管理しており、防犯面や生活面での大きなメリットがあります。

管理人が常駐しておりオートロックの完備、セキュリティ会社との契約により確実な管理となっているので、高い防犯制を得ることができます。

建売のような一戸建てでも防犯性を高めることは可能ですが、多くの費用がかかってしまいます。

生活面では、マンションは管理組合への参加が義務となる場合が多く、参加することで近所の皆さんとコミュニケーションが取りやすくなります。

近所とのコミュニケーションは建売のような一戸建てでも可能ですが、自分で一から繋がりを作っていかないといけないので、スムーズにいかない場合もあります。

マンションの方が、防犯性や生活面には富んでいるといえます。

プライバシーによる精神的なメリットとデメリット

周りが気になる場合は、建売住宅の方が安心して住み続けることができます。

建売のような一戸建ては、1つの独立した建物に住むのでプライバシーが確保されています。

マンションの場合は共同住宅で壁や床1枚で繋がっており、騒音などのプライバシーは良くはありません。

建売住宅とマンションの選択は購入後の費用の比較も検討しよう

住まいというのは購入時にかかる費用だけではなく、修繕費などの維持費のような購入後にかかる費用も色々あります。

想像以上に様々な費用がかかりますので、細かく把握した上で住まいを選ぶようにしましょう。

建売住宅の購入後の費用

購入の際に手付金を支払う条件の場合、購入価格の5~10%の費用を支払わないといけないことがあります。

また、建物の修繕費や維持費が多くかかり、建売の建物の造りにより費用に違いがありますが、500~1,000万円ほどかかります。

その他、毎年固定資産税を支払わないといけなく、最高で課税税率の0.3%支払わないといけません。

なお、新築の建売の場合は税金の軽減措置を受けることができます。

マンションの購入後の費用

マンションも、住戸内(専用部分)の修繕費や維持費がかかります。

建売とは違い外部に対して個々で費用をまかなうことはありませんが、内部の修繕費や維持費に200~1,000万円ほどかかります。

毎月かかる1番の費用は、管理費と修繕積立金の費用です。

マンションの規模により費用は異なりますが、高級なマンションの場合それなりのコストがかかります。

一般的に、管理費用は毎月10,000~20,000円程度であり、修繕積立金は毎月6,000~10,000円ほどが目安です。

管理費は、共用部分の清掃や管理、管理会社の報酬などに使われます。

修繕積立金は、マンションのメンテナンスの費用として積み立てる費用です。

さらに、車を持っている場合は駐車料金を毎月支払わないといけなく、住所によりますが5,000~100,000円ほどかかります。

建売住宅とマンションの買って良かったと思うことのポイント

実際購入した人の感想を把握することも、住まい購入には非常に大事です。

購入して住んでいる方が思ったポイントを参考にして、住まいの選択をしてみましょう。

建売住宅を買って良かったこと

建売住宅を購入して1番良かったと思った意見の多くは、土地も自分の資産になることです。

建物も土地も全て自分のものになるので、自分の建物を購入したという気持ちになる方が多くいます。

また一戸建ての独立した建物なので、周りの住人との距離があり気を遣わなく済むという意見も多くあります。

さらに庭があるので、花壇やバーベキューなど有効的に使えるスペースがあるという意見も多くあります。

マンションを買って良かったこと

マンションを購入して1番良かったと思った意見の多くは、セキュリティ面で安心できることです。

マンションの中で管理されているので、安心して住み続けることができるという声が多くあります。

また、管理会社により管理が行き届いているので、常に清潔な中で共用部分を利用できるという声も挙がっています。

さらに、ほとんどの場合ワンフロアの住まいなので、フラットであり段差がないので高齢者などの足腰が良くない方でも移動が楽で住みやすいという声も挙がっています。

まとめ

建売住宅とマンションの良さは、利用する人により大きく異なります。

家族構成や重視するポイントにより、どちらにもメリットとデメリットがあります。

最優先したいポイントを家族で時間をかけてよく相談をし、最高の住まいを手に入れましょう。

uchihapi3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です