テレワークにおすすめな間取り事例|在宅勤務しやすい間取りの作り方6つのポイントもご紹介!

「テレワークにおすすめの間取りは?」

「在宅勤務しやすい間取りの作り方は?」

テレワークをする方で、このような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか?

結論、テレワークにおすすめの間取りは集中できる環境が作れるような間取りです。集中できる環境が確立できる間取りであれば、仕事の効率も図れるでしょう。

とはいえ、テレワークにふさわしい間取りがイメージできなかったり間取りの作り方が知りたかったりしますよね。

そこで本記事では、テレワークにおすすめな間取りの事例や作り方などを解説します。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。

はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証プライム上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

メーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

また、上場企業が厳しい審査をしているのも大きなメリットです。

審査に通った優良住宅メーカーのみ掲載が許されているので、悪質な会社に騙されたりしつこい悪質営業をされることもありません。

家を建てる前には1番最初にカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービス→

また、より慎重に住宅メーカーを決めたい方には、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです。

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いもの。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

テレワークとは?

テレワークとは?

テレワークとは、職場から離れた場所で仕事をすることです。

もともとテレワークは、「ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」とされ、1970年代にアメリカにて世界初導入されました。

日本でも徐々に広まってきていますが、2020年の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、感染症対策としてテレワークを導入する企業がさらに増えています。

日本労働組合総連合会の調査では、2020年4月以降にテレワークを行った方の72.2%が「勤務日の 5 割以上がテレワークになった」と答えています。

・テレワーカーの 7 割超(72.7%)が勤務日の 5 割以上をテレワーク勤務 

・通常の勤務よりも長時間労働になることがあったと半数超(51.5%)が回答 

・時間外・休日労働をしたにも関わらず申告していない回答者が 6 割超(65.1%)

・時間外・休日労働をしたにも関わらず勤務先に認められない回答者が半数超(56.4%)

引用:日本労働組合総連合会の調査「テレワークに関する調査2020」

コロナ禍によってテレワークの導入が加速されましたが、他にもオンラインで顧客と打ち合わせができるなど、移動コストや労力なども軽減させられる効果があります。

今後もテレワーク需要は広がると見られるため、これから家を建てたり引っ越ししたりする方は、テレワークがしやすい間取りを用意することが必要でしょう。

 

テレワークによるSDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

そもそも、SDGsとは何か皆さん聞いたことはありますか?

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略称で「エス・ディー・ジーズ」と呼ばれます。
2015年9月に開かれた国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でより良い世界を目指すための国際目標です。
この国際目標は17項目のゴールで構成されています。

そして、この国際目標を達成する為に日本としても、積極的に取り組みが推進されております。

 外務省発行のパンフレット参照

テレワークを導入することで、SDGsの下記のゴールに関連した取り組みができると考えられます。


飢餓をゼロに

テレワークを導入することで、多種多様な働き方による就業の可能性を広げ、人々を飢餓から救うことができます。


質の高い教育をみんなに

直接指導者の元に足を運ばないと学べなかった業務内容や学習内容が、自宅に居ながら指導を受けることが可能となります。


働きがいも経済成長も

働く場所を選ばず、従事する側の環境に配慮した働き方で仕事への意欲ややりがいに繋がり、それが更に全体の経済成長へと繋がります。


産業と技術革新の基盤をつくろう

テレワークを推進するにあたり、各社でのインフラの構築は必要不可欠なものとなります。これが広がれば自然と技術革新が進んでいくでしょう。


持続可能な消費と生産

在宅勤務が可能となれば、企業で発生する無駄な廃棄物も大幅に削減可能となります。


パートナーシップで目標を達成しよう

これらのSDGsの目標は国が行うだけでは、世界的な目標は達成できません。それぞれ企業や、団体、地域、そして私たち個人が積極的に考え行動に起こしていくことが必要です。
この記事をご覧になっている皆様も、自分にできることは何かを考えてみるきっかけにしてみてくださいね。

テレワークスペースを自宅に作る際の間取りのポイントを6つご紹介【夫婦・一人暮らし】

テレワークスペースを自宅に作る際の間取りのポイントを6つご紹介【夫婦・一人暮らし】

今後テレワーク需要が増加すると見込まれる中、テレワークスペースを自宅に作ることが必要です。

ここでは、テレワークスペースを自宅に作る際の間取りのポイントを6つご紹介します。

  • 夫婦それぞれで集中できる環境を整える
  • ワークスペースの防音性を高める
  • テレワークに必要な資料や道具がおけるスペースを作る
  • ワークスペース同士で一定の距離を空ける
  • テレワークしなくなった時のことも考えておく
  • オンとオフの切り替えがしやすい工夫をする

順番に解説します。

夫婦それぞれで集中できる環境を整える

夫婦でテレワークを行っている場合は、それぞれで集中できる環境を整えることが重要です。

具体的には、夫婦それぞれにテレワーク用個室があるとお互いが気にせずに仕事に取り組めます。ただし、以下のように人それぞれ集中できる環境が異なります。

  • 個室で黙々と作業するのが集中できる
  • 明るい部屋の方が集中できる
  • 狭いスペースの方が集中できる

まずは夫婦間で集中しやすい環境を確認し、どの環境で仕事をするのがベストかを考えて間取りを作成しましょう。

ワークスペースの防音性を高める

ワークスペースの防音性を高めるのも、テレワークの間取りを作る際のコツです。

特に夫婦揃ってテレワークを行う場合、打ち合わせや電話の話し声やキーボード音などが聞こえてしまい、集中力を欠いてしまうことになりかねません。

場合によっては、喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。お互いのテレワークが集中できるようにするには、防音性を考慮した間取り作りも必要です。

テレワークに必要な資料や道具がおけるスペースを作る

テレワークを行う場合、必要な資料や道具がおけるスペースを作るのも重要です。

会社に行かなければ書類やPCなどは、自宅で管理をしなければなりません。その際に、スペースがなければ置く場所に困り、書類や周辺機器などを紛失してしまう恐れがあります。

書類やPCなどの必要なものを収納できるようなスペースを作っておくと、探す手間もなくなりスムーズに業務が行えるようになるでしょう。

ワークスペース同士で一定の距離を空ける

夫婦間でテレワークを行っている場合、ワークスペース同士で一定の距離を空けることも必要です。

例えば、夫は2階の部屋で作業をして妻は1階のリビングで作業をするなど、物理的な距離を保つことで、お互いの雑音が気にならなくなります。

それぞれが快適な環境で仕事に取り組めるため、夫婦でテレワークをする機会が多い方は、お互い距離が保てるような間取りを作れるようにしましょう。

テレワークしなくなった時のことも考えておく

現時点で夫婦共にテレワークをしていても、ゆくゆくは会社に出社する勤務形態に変わるかもしれません。

そのような場合、テレワークの部屋が無駄なスペースになってしまうのは非常にもったいないです。

例えば、仕事の書類や事務用品を収納したり趣味の部屋として使えるようにしたりなど、さまざまな生活用途に対応できる部屋にしておくと便利です。

テレワーク勤務が終了した後のことも考慮して間取りを作ると、より充実した部屋で過ごすことができるでしょう。

オンとオフの切り替えがしやすい工夫をする

テレワークをする場合、オンとオフの切り替えがしやすくするのも重要です。

「仕事が捗りやすい環境」と「仕事終了後はリラックスできる環境」を実現できる間取りにすれば、メリハリがつけられるようになります。

例えば、仕事専用の個室やスペースを作り、1歩出るとリラックスできるような空間があるような家です。

長く快適に過ごすためにも、メリハリがつけられるような間取りを作るのをおすすめします。

理想の住宅をたてるために、下記サイトから一括資料請求して、どのハウスメーカーが自分にピッタリか慎重に選びましょう。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

夫婦がテレワークしやすい間取り事例を3つご紹介!

夫婦がテレワークしやすくするには、お互い雑音を気にしない間取り作りが必要です。

ここでは、夫婦がテレワークしやすい間取り事例を3つご紹介します。

  • オープン型のテレワークスペース
  • 半個室型のテレワークスペース
  • 完全個室型のテレワークスペース

順番に解説します。

オープン型のテレワークスペース

まずは、オープン型のテレワークスペースがおすすめです。

オープン型のテレワークスペースを設ける間取りとは、リビングの一角や廊下などを有効活用する間取りです。

主なメリットは、以下の3つとなります。

  • コスト負担を抑えられる
  • 子供の様子を見ながら仕事に取り組める
  • 仕事の合間に家事ができる

テレワーク用の部屋をわざわざ作る必要がないため、その分費用は抑えられます。

さらに、リビングの一角や廊下にスペースを作れば、子供の様子が見やすく、洗濯や掃除などの家事もすぐに取り組めるため、利便性は高いでしょう。

ただし、Web会議や打ち合わせなどを行うとなれば、子供の声を拾ってしまうことがあります。家族に大事な資料を見られてしまうこともあるため、セキュリティ面には多少の不安要素があるでしょう。

半個室型のテレワークスペース

半個室型のテレワークスペースもおすすめです。

完全個室ではないですが、間取りを有効活用して簡易的なテレワーク空間を作れます。半個室型の主なメリットは以下の3つです。

  • オープン型よりも集中できる
  • オープン型よりもセキュリティが優れている
  • コスト負担を抑えられる

リビングの一角や廊下に設置するより、セキュリティ面が担保されつつ集中しやすい環境になります。

また、間取りを有効活用して作れるため、個室を作るよりも費用負担は抑えられるでしょう。

ただし、設置する場所によっては空調が悪かったりセキュリティに不安があったりすることがあるため、設置場所には注意が必要です。

完全個室型のテレワークスペース

完全個室型のテレワークスペースは、テレワーク専用の部屋です。

部屋一面をテレワークで使える点が、オープン型と半個室型のスペースと大きく違います。そんな完全個室型のテレワークスペースの主なメリットは以下の2つです。

  • 仕事に集中しやすい環境
  • セキュリティ抜群

完全個室のため、誰にも邪魔されることなく仕事だけに集中しやすいです。静かな環境で黙々と仕事に取り組みたい方におすすめできます。

また、Web会議や電話などの音声も部屋から漏れることがないため、セキュリティ面も安心できるでしょう。

ただし、完全個室を設ける分、広い土地や床面積が必要となります。土地購入・建築費用が高くなってしまうため、予算を多く見積もっておきましょう。

テレワークをするのにおすすめな間取り

テレワークをするのにおすすめな間取り

テレワークを行う際、どんな間取りが適しているのか気になる方も多いでしょう。

ここでは、「夫婦共働き」と「一人暮らし」の2パターンでおすすめの間取りをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

夫婦共働きでテレワークをする場合は3LDKの間取りがおすすめ!

夫婦共働きでテレワークを行う場合は、3LDKの間取りがおすすめです。

夫婦でテレワークをしているのであれば、お互いが気にせず集中できる環境で仕事をする必要があります。

そのためには、それぞれの部屋を持つことで、物理的な距離を保つ必要があります。

Web会議や電話の音声を気にすることなく、テレワークに打ち込めるでしょう。

3LDKの間取り

引用:ライフルホームズ「テレワーク(在宅勤務)に適した間取りとは? 必要な設備や条件、注意点について紹介」

上記は、3LDKの3階建ての自宅の間取り例です。

1階の6畳洋室と2階のLDKの一角に、テレワークスペースを設けるためにテーブルを設置します。

このように別々にテレワークスペースを設けることで、夫婦がそれぞれ別に仕事をすることが可能です。

子どもの勉強するスペースとしても利用できるため、利便性が高いです。

さらに、zoomでの商談や打ち合わせ、人情報を扱う場合は1階の居室が適しており、2階のダイニングテーブルであれば家事もしやすいため、使い分けができる点も嬉しいポイントです。

特に一軒家であれば、どちらかがリビングやダイニングに近い部屋でテレワークを行えば、子供の面倒や家事がしやすくなるでしょう。

一人暮らしでテレワークをする場合は1DKや1LDKの間取りがおすすめ!

一人暮らしでテレワークをする場合は、1DKや1LDKの間取りがおすすめです。

1DKや1LDKであれば、仕事とプライベートのスペースをはっきりとわけられます。

仕事場は机やイスを用意し、余ったスペースは書類やPCなどを置くスペースが作れるため、利便性は高いです。

特に座る方向を壁側にすれば、視界が狭まるため、集中力を高めやすくなります。

他にも、ベッドを置くスペースができたり服を収納するケースを置けたりなど、空間をうまく活用できるようになるでしょう。

​​​​1LDKの間取り

引用:ライフルホームズ「テレワーク(在宅勤務)に適した間取りとは? 必要な設備や条件、注意点について紹介」

上記は、1LDKの自宅の間取り例です。

玄関やリビングと洋室が近く、バルコニーも設けられているため、生活動線には困りませんし、息抜きもできます。

テレワークのスペースは、主に洋室となりますが、仕事をしているときは間仕切りをして集中しやすい環境を作れます。

テレワーク以外にもベッドなどをおけるスペースはあるため、くつろげる空間としても活用できるでしょう。

また、リビングも広いですから、リビングの一角にカウンターテーブルを設けて、仕事できる環境を2つ作ることも可能です。

気分で使い分けることができれば、より仕事に対して集中できるでしょう。

テレワーク用の間取りを作る際の5つの注意点とは?

テレワーク用の間取りを作る際の5つの注意点とは?

最後に、テレワーク用の間取りを作る際の注意点を5つご紹介します。

  • 広すぎず狭すぎないスペースを確保する
  • コンセントの配置を確認する
  • 音声に配慮する
  • セキュリティ対策を行う
  • 日当たりが悪くならないようにする

事前に注意点を把握することで、間取りを作成した後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することを防げます。

納得のいくテレワークスペースが作れるよう、以下で紹介する内容を参考にしてみてください。

広すぎず狭すぎないスペースを確保する

まずは、広すぎず狭すぎないスペースを確保することが大切です。

テレワークスペースを作るにあたって、広い部屋が欲しいと思う方や最小限のスペースで問題ないという方もいるでしょう。

しかし、テレワークの部屋を作ってから「広すぎてスペースが余る」「狭すぎて窮屈」などの問題も出てくる可能性があります。

部屋を作ってから後悔しないためにも、自分がどの程度のスペースがあれば問題なく仕事に打ち込めるかを把握するべきです。

広いから良い、狭いからダメということはなく、あくまで適正な広さが取れればテレワークに問題なく打ち込めるでしょう。

コンセントの配置を確認する

コンセントの配置を確認するのも、テレワーク用の間取りを作るのに必要な項目です。

コンセントの位置によっては、デスクの配置も異なります。自分の思い描いているデスク環境の近くにコンセントがなければ追加でコンセントを増やすことができますが、工事費用がかかってしまいます。

そのため、「普段仕事をする際にどのくらいコンセントを使用するか」「距離感はどのくらいが適切か」などを確認する必要があるでしょう。

音声に配慮する

テレワークスペースを作るのであれば、音声に配慮することが大切です。

テレワークをしていると、zoomで商談や打ち合わせ、社内の人と通話など音声を必要とする業務がさまざまあります。

仕事で発生する音声が家中に響くと、一緒に住む家族に迷惑がかかりますし、逆に家族の声や雑音を拾ってしまうと、商談や通話の相手に失礼になります。

そのため、音声が漏れないような部屋を設けたり防音仕様にしたりなどの工夫をしましょう。

セキュリティ対策を行う

テレワークスペースを設けるのであれば、セキュリティ対策を考える必要があります。

仕事をする上で、社外に漏洩できない情報が記載されている資料や書類などがある場合、デスクに並べたり、PC画面を開いたままにしたりするのは危険です。

家族だから安心できるという保証はないため、セキュリティ対策ができる場所でテレワークを行う必要があるでしょう。

具体的には、以下のような対策をするのがおすすめです。

  • テレワーク用の完全個室スペースを設ける
  • 壁を防音仕様にする

会社で取り扱う情報には十分注意しながらテレワークを行いましょう。

日当たりが悪くならないようにする

日当たりが悪くならないようにするのも、テレワークスペースを作る上では大切です。

中には、日当たりが悪いと「仕事でストレスを抱えた際にリフレッシュできない」「気持ちが弾まない」という方もいます。

人間は日当たりが少ないと気分が沈みやすくなるとも言われているため、日当たりの良い部屋を設けて仕事を捗らせるようにすると良いでしょう。

理想の住宅をたてるために、下記サイトから一括資料請求して、どのハウスメーカーが自分にピッタリか慎重に選びましょう。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

まとめ

本記事では、テレワークにおすすめな間取りの事例や作り方などを解説しました。

テレワークに適した間取りを作る場合は、仕事に集中できるような環境を作ることが重要です。

そのためには、以下6つのポイントを意識して作るようにしましょう。

  • 夫婦それぞれで集中できる環境を整える
  • ワークスペースの防音性を高める
  • テレワークに必要な資料や道具がおけるスペースを作る
  • ワークスペース同士で一定の距離を空ける
  • テレワークしなくなった時のことも考えておく
  • オンとオフの切り替えがしやすい工夫をする

ぜひこの記事を参考に、理想のテレワークの間取りの自宅を手に入れてみてください。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /