二世帯住宅で失敗しないためのポイントを5つご紹介!事例から学んで、失敗しない家づくりをしよう!

二世帯住宅で失敗しないためのポイントを5つご紹介!事例から学んで、失敗しない家づくりをしよう!

「二世帯住宅を考えているけど、どうなんだろう」
「二世帯住宅で失敗したくない」
「二世帯住宅での気を付けるポイントが知りたい」

二世帯住宅だと子どもの面倒を見てもらったり、一緒に住むことで老後の親の世話ができたりとメリットが多くあります。

しかし「二世帯住宅を建てたいけど、本当に大丈夫だろうか?」と、冒頭のように悩んでいる人も多いのではないでしょうか。「二世帯住宅で失敗した」という話も聞くため、どのような対策が必要なのかも知りたいですよね。

そこでこの記事では、二世帯住宅で失敗しないための家づくりに悩んでいる方に向けて、以下の内容を解説します。

  • 間取りでの失敗例
  • 間取り以外での失敗例
  • 二世帯住宅を失敗しないためのポイント5つ

記事を読むことで、二世帯住宅で失敗しないための家づくりを具体的にイメージできるでしょう。

「二世帯住宅で失敗したくない」「納得して家作りを進めたい」と考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。

はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証プライム上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

メーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

また、上場企業が厳しい審査をしているのも大きなメリットです。

審査に通った優良住宅メーカーのみ掲載が許されているので、悪質な会社に騙されたりしつこい悪質営業をされることもありません。

家を建てる前には1番最初にカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービス→

また、より慎重に住宅メーカーを決めたい方には、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです。

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いもの。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

二世帯住宅はデメリットだらけ?間取りでの失敗例をご紹介!【場所別】二世帯住宅はデメリットだらけ?間取りでの失敗例をご紹介!【場所別】

まずは、場所別で間取りでの失敗例をご紹介します。代表的な場所別での間取り失敗例は以下の6つです。

  1. 玄関での失敗例
  2. お風呂場での失敗例
  3. トイレでの失敗例
  4. 洗面所での失敗例
  5. リビングでの失敗例
  6. キッチンでの失敗例

二世帯住宅を建てる際には、日常的によく使う場所については親子で十分に話し合っておく必要があります。特に上記の6つは必ず使う場所になるので、お互いのためにもルールを作っておくことが望ましいでしょう。

建てた後に「こんなはずじゃなかった」という事態を避けるためにも、1つずつ具体的に解説をしていくので、最後までしっかりとお読みください。

玄関での失敗例

<失敗例>
・収納スペースが狭く、靴が溢れかえってしまう。
・どこに出かけるのかを毎回聞いてくる。
・来客や配達員が来ることを想定していなかった。
・帰宅時間が遅いと音が気になる。

<トラブル回避方法>
・あらかじめ収納スペースを確保しておく。
・お互いのプライベートには踏み込まない。
・来客や宅配物に干渉はしない。
・帰宅予定時間を伝えておく。

玄関は出入りする場所でもあるため、玄関を共有してる場合は何かと顔を合わせる機会が多くなります。一緒に生活をしていく上では欠かせない部分ですが、暮らして初めて不便さに気づくことも多いようです。

お風呂場での失敗例

<失敗例>
・出かける前や帰宅後に入っていて使えない。
・勝手に入浴物品を使われる。
・お風呂場の使い方が汚い。
・夜遅くの入浴音が気になる。

<トラブル回避方法>
・お互いによく使う時間帯を話し合っておく。
・使う物品を世帯別で分けておく。
・入浴後はきちんと片付けを行う。
・できる限り深夜の入浴は避ける。

出かける前や帰宅後など、使いたい時に使えず予定が崩れてしまうことが多くなりがちなのがお風呂場です。また仕事で遅くなる日は、家族が寝静まった後に入ることもあるでしょう。きちんとお互いの生活スタイルを話し合っておく必要があります。

トイレでの失敗例

<失敗例>
・小さい子どもたちの使用後によく汚れている。
・掃除がされない。
・使用後のニオイが気になる。
・トイレ時間が長い

<トラブル回避方法>
・大人が一緒に見守るか使用後に確認をする。
・掃除をする頻度や誰がやるかを決めておく。
・消臭剤やスプレーを使用してエチケットを守る。
・トイレは2つ設置する。

排泄に関しては生理的現象であり、タイミングなど仕方ない部分もあります。そのため1番の回避方法は「2つ設置しておく」ことです。特に将来的に親の介護を考えると、バリアフリーで広々としたスペースのトイレを確保しておくと良いでしょう。

洗面所での失敗例

<失敗例>
・抜け毛がたくさん落ちている。
・朝の準備で混雑する
・脱衣時に誰か入ってこないか気になる。
・使い方が気になる。

<トラブル回避方法>
・使用後はきれいに整える。
・使用する時間帯をなるべく決めておく。
・誰か入っているときのルールを決めておく。
・洗面所を2つ設置する。

特に使用頻度の多くなる朝、使いたい時に使えないというのがストレスの原因になりがちです。毎朝、準備をするたびにイライラしてしまうのは辛いですよね。こちらもトイレと同様に「2つ設置しておく」ことが最も望ましいスタイルと言えるでしょう。

リビングでの失敗例

<失敗例>
・義両親がいるとリラックスできない。
・観たいTV番組が見れない。
・物が多く散らかっている。
・ソファーやクッションの臭いが気になる。

<トラブル回避方法>
・寝室など別の場所でも休める空間を作る。
・録画機能を使うなど、時間帯をずらして観れる工夫をする。
・きちんと整理・整頓し共有スペースだと意識する。
・定期的に洗濯をしたり、消臭剤を使用したりする。

家の中で1番多く過ごすことになるリビングは、できる限りストレスなく使用したいですよね。お互いの生活スタイルを尊重し、干渉しないような間取りやルール決めが必要になります。

キッチンでの失敗例

<失敗例>
・使いたい時に使えない。
・冷蔵庫の中に置く物を気にする。
・調理器具の片付け方が気になる。
・キッチンの高さが世代間で異なり使いづらい。

<トラブル回避方法>
・不必要に食材を置かない。
・片付け方や収納方法を決めておく。
・主に使う人を基準にして設置する。

キッチンのトラブルを減少させるには「使用頻度が多くなる人」を中心に考え、配置や設置することをオススメします。もしスペースや予算に余裕がある場合は、簡易的なキッチンを設置することも視野に入れておきましょう。そうすることでお湯を沸かしたり、ちょっとした料理ならすぐに対応することができます。

二世帯住宅はやめた方がいい?間取り以外での失敗例もご紹介!

二世帯住宅はやめた方がいい?間取り以外での失敗例もご紹介!

次に、間取り以外での失敗例をご紹介します。代表的な間取り以外の失敗例は以下の6つです。

  1. 費用面での不満が生まれる
  2. 生活音が気になってしまう
  3. ご飯の好みがバラバラで問題になる
  4. プライバシーがなく休まらない
  5. 嫁姑の人間関係に疲れストレスが溜まる
  6. 会話についていけず居場所がなくなる

二世帯住宅は、生活スタイルや嗜好が異なった世代同士が住むため、間取り以外でも失敗が起こりやすくなります。1つずつ詳しく見ていきましょう。

費用面での不満が生まれる

二世帯住宅を建てる際、事前に決めておいた方がよさそうなのは、家賃・公共料金・通信費・光熱費・修繕費などがあげられます。一戸建てに比べて維持費を折半することで費用を安く抑えることが可能な二世帯住宅ですが、反対にお互いの折り合いがつかなければトラブルの原因になりやすいのも特徴です。

使う頻度が少ないにも関わらず、一方的に費用を負担しすぎると不満が生じやすくなります。また相手世帯の方が多く金額を出したことで、自分達の要望を言い出せなかったり、当初よりも支払いに対する入金が少なくなったりなどの問題が生じる可能性もあるでしょう。

お金のトラブルはネガティブな印象がつくため、一緒に暮らしていく上では事前に折り合いをつけておくことが、非常に重要です。

生活音が気になってしまう

一戸建てだと気にならない「生活音」でも、二世帯住宅だと気にしてしまうものです。特に小さな子どもたちがいる世帯が二階にあると足音が大きいため、1階に住む親世帯からすると毎日気になることでしょう。

子ども部屋の下に親世帯の寝室を設置したり、浴室を設置したりすることは設計時に確認し避けるべきです。生活音は必ず発生するため、毎日のことになると大きなストレスとなります。防音効果のある床や深夜帯などには入浴は避けるなど、なるべく音を出さない工夫が大切です。

お互いが少しでも気持ちよく過ごせるよう、ルール決めや理解の協力が必要になります。

ご飯の好みがバラバラで問題になる

親世帯と子世帯では年齢の違いもあるため、食の好みもバラバラになりがちです。毎日、味が濃い食事だと健康を気にした親世帯が不満を持ち、反対に薄すぎると子世帯の子どもたちが食べなくなる可能性などがあげられます。

また食事を摂る時間も生活スタイルで異なるため、現役世代と退職後の親世帯とではばらつきが出てしまうこともあります。
あらかじめ食の好みや食べる時間帯などを話し合っておくことも1つの方法です。他に、曜日毎に献立を決めたり、外食日を決めたりするなどの工夫も取り入れるとストレス軽減につながるでしょう。

プライバシーがなく休まらない

二世帯住宅だと「プライバシーが保たれにくい」ことも特徴です。家族内でも一定のプライバシーが必要な人も多い中、二世帯になるとより一層プライバシーに配慮する必要があります。

特に共有スペースが多い二世帯住宅だと、常に誰かがいるため見られているような状態になりがちです。休日にリラックスしたくても、仕事から遅く帰ってきて疲れていても、自宅なのに気が休まらないといった状態にもなりかねません。

こうした失敗を防ぐには「ルール決め」が非常に効果的です。事前に干渉してほしくない部分をきちんと話し合うことで、良好な関係を保つことができるでしょう。

嫁姑の人間関係に疲れストレスが溜まる

二世帯住宅の問題の中でもよく取り上げられるのが、「嫁姑の人間関係」です。遠方で暮らしていれば問題がなくても、一緒に暮らすことで「価値観」の違いから問題が表在化しやすく、トラブルの原因になることが多くなります。

これは周囲の人間関係にも影響を及ぼし、ストレスと疲弊の原因となるため、同居前には必ず生活上のルールを決めておくことが大切です。特に子どもの教育や食事、金銭面に関しては「お互い干渉しない」と、キッパリ決めておく方が無難でしょう。

「◯◯でなければならない」などの、価値観を押し付けるようなマウントは避け、お互いの価値観を尊重し合えるような関係が理想的です。

会話についていけず居場所がなくなる

「これは世代間のギャップによって生じるものです。やはり年代が違えば、興味のあるものや好きなものが異なる傾向にあります。そのため、楽しそうに会話をしていてもなかなかついていけずに気まずくなったり、会話そのものがなくなってしまったりと、ストレスの原因になります。

こうした失敗を避けるには、世代が違う相手に興味を持ち会話を楽しむ余裕や、ニュースなど話題になりやすい会話を中心にすると良いでしょう。

「世代が違うから」「話についていけないから」という理由で避けていては、将来的にも一緒に住みにくくなるため、お互いが歩み寄る努力が必要です。

二世帯住宅を失敗しないためのポイントは5つ!

二世帯住宅を失敗しないためのポイントは5つ!

最後に、二世帯住宅を失敗しないためのポイントを5つご紹介します。二世帯住宅を失敗しないためのポイントは以下の5つです。

  1. 事前にルールを決めておく
  2. プライベート空間を必ず作る
  3. それぞれの本音を間取りに反映させる
  4. 日頃の感謝を忘れないこと
  5. 二世帯住宅に詳しいハウスメーカーを選ぶ

二世帯住宅は、世代も価値観も違う者同士が一緒に暮らすため、「どれだけ相手を受け入れられるか」が分かれ目になると言っても過言ではありません。5つのポイントを押さえながら、より良い二世帯住宅ライフが楽しめるようにしましょう。

1.事前にルールを決めておく

二世帯住宅で良好な関係性を維持するには、ルールを決めることから始まります。どんなに細かいことでも考えていることは話し合いに出し、相手がどう思っているのか、どう一緒に過ごしていきたいのかを確認しましょう。

ここで遠慮をしてしまうと「こんなはずじゃなかった…」というネガティブな気持ちになりかねません。折り合いをつける意味でも、お互いが納得いくまで話し合うことが大切です。反対に折り合いがつかない場合は、二世帯で住むこと自体を再検討することをオススメします。

2.プライベート空間を必ず作る

二世帯住宅では必然的に共用空間が多くなるため、プライベート空間は必ず設けておきましょう。

リビングなどもありますが、常に誰かがいる状態だと気が休まることはありません。「自分だけの空間と時間を持つ」ことは非常に大切なことなので、本来の自分を取り戻したり、リラックスしたりできるプライベート空間の確保は必ずすべきです。

部屋や脱衣所なども鍵付きにしておくことで、多少のプライベートは守られるため、フリーにせず設置することをオススメします。

3.それぞれの本音を間取りに反映させる

二世帯住宅では、それぞれの本音を間取りに反映させることも大切です。どちらか一方の想いだけで建ててしまうと生活上の動線が悪かったり、将来的に使い勝手が悪かったりする可能性が高くなるからです。

二世帯住宅で住むそれぞれが理想の間取りを考え、将来的に親の介護が必要な状況になったとしても使い勝手の良い住宅にするのが理想的と言えます。

とはいえ、理想の間取りがよく分からない人もいると思うので、理想の注文住宅を建てるために、まずは一括資料請求をしましょう。資料を参考にしながらだと、想像がつきやすくなりますよ。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

4.日頃の感謝を忘れないこと

二世帯住宅では、お互いが協力し合うことで、一戸建てに住むよりも大きなメリットがたくさんあります。

「プライベートが保たれにくい」ことや「生活音が気になる」こともありますが、これらは話し合いで解決することができるでしょう。

何事も手伝ってもらえることを当たり前に思わず、日頃に感謝の気持ちを持つことも大切です。お互い協力し合うことが、長期的に二世帯住宅で幸せに生活する上で重要なのです。

5.二世帯住宅に詳しいハウスメーカーを選ぶ

二世帯住宅と言っても、「完全分離型」「部分共有型」「完全共有型」といったように、いろいろなパターンの間取りがあります。ハウスメーカーによって得意なスタイルがあるため、まずはどのような注文住宅があるかを知るために、一括資料請求をしてみることをオススメします。

その他にも、理想の間取りに近づけるために施工事例を担当者に確認したり、二世帯住宅を得意としているのかを確認しましょう。

まとめ

まとめ

二世帯住宅は「生活スタイルが異なること」や「お互いの価値観の違い」が失敗の原因につながりやすくなります。それを防ぐためには、事前に十分な話し合いをする必要があり、お互いを理解することで、大きな失敗は避けて生活することができるでしょう。少なくとも「ルールを決める」ことは重要なので、何か問題が発生する前に決めておくことです。

二世帯住宅での理想の間取りが知りたい方は、まずは一括資料請求してみることをオススメします。いろいろな間取りがあり、二世帯で住む際の参考になるので、二世帯住宅に住む未来を想像することがもっと楽しくなりますよ。資料の一括請求はこちらまで。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /