超ローコスト住宅とは?500万円で家が建つって本当?メリット・デメリットやおすすめのハウスメーカーを解説

最近よく耳にする超ローコスト住宅の話題。

タマホームやアイフルホーム、アイダ設計などのローコストハウスメーカーの名前は誰でも一度や二度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

超ローコスト住宅なら1,000万円未満で家が建つといいます。

1,000万円未満で家が建てられるとなると、「本当にそんな値段で家が建てられるの?」、「欠陥住宅ではないの?」、「建ててからのことが心配ではないの?」といった不安を感じる方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、超ローコスト住宅の特徴やメリット・デメリットから安さの理由、品質の問題まで、皆様が気になる超ローコスト住宅の秘密に迫ります。

超ローコスト住宅とは?

超ローコスト住宅とはいったいどのような住宅をいうのでしょうか。

実は超ローコスト住宅というカテゴリーや定義が特にある訳ではありません。

1坪当たりの建築費が50万円以上かかっても、住宅会社がそう呼べば超ローコスト住宅になります。

しかし一般的には、坪単価(本体工事価格を延べ床面積で割った1坪当たりの価格)が30万円台までの住宅を指すことが多い様です。

したがって建坪が30坪の家であれば、1,200万円未満で建てられることが超ローコスト住宅のひとつの目安になるでしょう。

超ローコスト住宅が建てられる4つの理由とは?

一般的な注文住宅を建てる場合、1棟ごとに建築主が間取りや仕様を決定し、住宅会社が図面を作成して個別に建築資材を発注する流れになります。

こうするとどうしても打ち合わせや図面作成、現場管理に手間がかかり、建築資材の仕入れ価格も割高になります。

一方、超ローコスト住宅ではこの様な手間をできるだけ無くして省力化し、建築資材を大量に安くまとめて発注します。

これが超ローコスト住宅の安さの秘密です。

この章では超ローコスト住宅が安く建てられる理由をもう少し詳しくご紹介してみたいと思います。

材料費を抑えている

超ローコスト住宅を建てている住宅会社は、間取りを規格化して仕様を統一することにより建築資材を大量に一括して注文することで、通常よりも安く仕入れています。

また、自社で工場を持つローコストハウスメーカーもあり、工場でプレカットした材料を建築現場に搬入することで、施工の省力化を図っています。

材料費を抑えているといっても、決して安くて粗悪な材料を使用している訳ではありません。

設備・仕様をグレードダウンしている

住宅建築では、設備や仕様の違いで同じ間取りでも合計すると数百万円の差が生じてしまうことが少なくありません。

多機能で高品質な設備や質感の高いハイグレードな仕様にすれば当然コストがかかるので、超ローコスト住宅の設備や仕様にはごく一般的なスタンダードタイプのものが採用されます。

シンプルな設計になっている

超ローコスト住宅では、材料と人件費を省力化してコスト削減を図るため、シンプルな設計になります。

設計にも施工にも手間がかかる複雑なデザインやディテール、余分な装飾を避け、総2階の箱型形状の外観やシンプルな切妻または片流れの屋根が採用されるケースが多くなります。

人件費・広告費を抑えている

超ローコスト住宅では、建築主はあらかじめ住宅会社が作成したいくつかの間取りや仕様の中から選んでいくだけなので、一般的な注文住宅の様に間取りや仕様を決めるための打ち合わせに社員の手間や時間がかかりません。

したがって打ち合わせの効率化で大幅なコストカットを実現しています。

また超ローコスト住宅のメーカーや工務店は、大手ハウスメーカーの様に全国の住宅展示場にモデルハウスを建てたり、全国放送のテレビCMなどを行ったりしていません。

モデルハウスの維持管理やテレビCMによる広告宣伝には莫大な費用がかかるので、その分の費用は建築費に上乗せされますが、こうしたことを行っていない超ローコスト住宅の建築会社では、低価格でマイホームを提供することが可能になります。

この様に超ローコスト住宅のメーカーや工務店では少しでも他社よりも安い価格で住宅を提供するために、人件費や広告宣伝費を抑える経営努力を絶えず行っています。

超ローコスト住宅の3つのメリットとは?

超ローコスト住宅の最大のメリットは建築費が安いことですが、このことから派生するメリットがたくさんあります。

この章では、超ローコスト住宅の具体的なメリットを3つご紹介します。

ローンを組みやすい

住宅ローンを組む際には、年収や借入額などに応じて金融機関の審査に合格しなければなりません。

超ローコスト住宅なら住宅ローンの借入額が安く抑えられるので、金融機関の融資審査に通りやすくなります。

また月々の返済額も安く抑えることができるので、状況によっては賃貸物件の家賃並みの返済額でマイホームを取得することができるでしょう。

さらに毎月の返済に余裕があれば、返済期間を短くして金利負担を安く抑えることもできます。

建築費以外に予算を回せる

超ローコスト住宅では建物が安い分、建物以外にお金を掛けることができます。

3,000万円の予算で土地を購入してマイホームを建てるのであれば、建物を1,000万円で建てて、2,000万円の土地を購入することができます。

駅近で利便性の高いエリア内の土地や、高台にある日当たりが良い一等地などは地価が高額になります。

建築費を抑えることができれば、土地の選択肢が大きく広がります。

土地は建物の様に経年による価格の低下がないので、資産として考えた場合のメリットは大きくなるでしょう。

またマイホームの建築には、建物本体の建築費以外にもいろいろとお金がかかります。

門や塀、植栽、駐車場などの外構工事や、家具・家電・カーテン・照明器具・エアコンの購入などです。

建築費を安く抑えることで、これらの費用も全て予算の中から捻出することができる様になるでしょう。

若い世代でもマイホームを持ちやすい

超ローコスト住宅なら、20代でマイホームを持つことも夢ではありません。

通常であれば、若い世代では年収の割に月々の住宅ローンの返済額の負担が大きくなるので、毎月の生活が苦しくなってしまいがちです。

しかし超ローコスト住宅であれば毎月の返済額が安く抑えられるので、マイホームを購入するチャンスが一気に広がることでしょう。

そして若いうちに家を購入することができれば、早く住宅ローンを完済することができます。

したがって老後も安心して暮らせる様になるメリットがあります。

また資金的に余裕があれば、将来ライフスタイルの変化に合わせて建て替えることも視野に入れることができるでしょう。

超ローコスト住宅の4つのデメリットとは?

次に超ローコスト住宅のデメリットを4つご紹介します。

仕様や間取りの自由度が低い

超ローコスト住宅は、そのほとんどが規格プランを採用していて、この間取りでこの仕様の住宅であれば○○円というのが基本です。

したがって、一般的な注文住宅が建築主のライフスタイルや好みに合わせて自由に間取りや仕様を選ぶことができるのに対して、超ローコスト住宅では建築主の選択の自由度はほとんどありません。

これは、前述した超ローコスト住宅の安さの理由を考えれば仕方がないことです。

超ローコスト住宅では、住まいに自分達の暮らし方を合わせる様になることを覚悟しておく必要があります。

また都市部では防火規定や斜線規制があって規格プランでは対応できないため、超ローコスト住宅が建築できないケースが多くなります。

土地付きの物件が多い

規格プランの超ローコスト住宅は、変形地や傾斜地などの特殊な土地には対応できないことが多いため、土地付きで販売される物件が多くなります。

また住宅会社は低価格の建物を建てるだけでは利益が出にくいため、土地とセットで販売することにより利益が確保できるという事情があります。

この場合には、住宅会社が土地を購入して利益を乗せ、建築条件付きの土地として販売します。

素材や設備のグレードが低い

超ローコスト住宅はたとえ低価格であっても、建築基準法で定められた住宅性能はきちんとクリアできる様に設計されています。

そのため基礎や構造躯体などでは大幅なコストダウンを行うことができません。

超ローコスト住宅のコストは、主に仕上げ材や住宅設備などで削減することになります。

住宅建築では、素材や住宅設備機器にハイグレードで機能性に優れた商品を採用すると、価格が数十万円単位で跳ね上がってしまいます。

したがって超ローコスト住宅では、ごく一般的なスタンダードな商品が標準採用されています。

グレードは決して高いとはいえず、最新機能付きの設備や質感の高い素材を選択すると全てオプションとなり、高額な追加工事費用が発生します。

素材や住宅設備機器にこだわりがある方にとっては、大きなデメリットといえます。

耐用年数が短い

住宅の耐用年数は、使用される屋根材や外壁材、建材などの建築資材の耐用年数に大きく左右されます。

そして耐用年数が高いものは価格も高くなりがちです。

超ローコスト住宅に使用される外装材や建材は、決して耐用年数が高いとはいえないので、それに伴い建物本体の耐用年数も短くなる傾向があります。

またそれぞれのメンテナンスサイクルが短いため、建築した後のメンテナンスコストが多くかかります。

必要なメンテナンスを行わないでいると、建て替えが必要になる時期が早まってしまうので注意が必要です。

超ローコスト住宅を建てる際の3つの注意点とは?

超ローコスト住宅を建てる際には、事前に知っておくべき注意点があります。

建築した後で後悔することがない様に、以下の3つの注意点を建築する前に良く理解して対策を立てておきましょう。

オプション価格が発生するケースがある

超ローコスト住宅であっても、標準仕様をグレードアップしたり、一部規格プランの間取りを変更したりすることは可能です。

しかしそもそも超ローコスト住宅は、選択可能範囲内の基本仕様や規格プランで建築することを前提に価格を安く設定しているものです。

したがって、仕様のグレードアップやプラン変更を行うと、追加のオプション費用が割高になる傾向があります。

アフターサービス・保証が不十分

超ローコスト住宅は大手ハウスメーカーが建てる注文住宅などと比較して、建築した後の保証やアフターサービスの面で劣ることは否めません。

充実した保証内容やアフターサービスは望めないことがほとんどでしょう。

一般的な注文住宅では、10年程度の無料定期点検制度や長期の保証・アフターサービス期間があるのに対し、超ローコスト住宅では建築した住宅会社の保証期間が短かったり、定期点検が有料だったりすることもあります。

またアフターサービス体制が整っていないため対応が遅いといったケースもある様なので注意が必要です。

施工期間が短すぎる

超ローコスト住宅は、施工の省力化を図って工期を短縮し、建築コストを削減しています。

建坪25~30坪程度の一般的な木造2階建て注文住宅の工期が約4か月程度になるのに対し、超ローコスト住宅の工期はやや少なめになることが多い様です。

工期が短いことは必ずしも悪いことではありませんが、あまりにも短い工期の場合には欠陥住宅や手抜き工事の原因にもなるので注意が必要です。

着工から完成までの予定工期が3か月未満になる様でしたら十分に注意した方が良いでしょう。

超ローコスト住宅のおすすめメーカー6社

この章では、国内を代表するローコスト住宅のハウスメーカー6社を簡単にご紹介します。

それぞれの会社の特徴を把握して、住宅会社選びの参考にしてください。

タマホーム

タマホームの年間着工件数は約10,000棟以上で、平均坪単価は40~45万円程度といわれています。

タマホームの住宅は、ローコストでありながらも標準仕様が比較的充実しています。

ベタ基礎が標準で、オール電化仕様、最長60年保証となっていて、耐震性能も最も高いレベルの耐震等級3が基本です。

ローコスト住宅の中では費用対効果に優れた住宅といえるでしょう。

アイフルホーム

アイフルホームは年間着工件数が約5,000棟の、大手住宅設備・建材メーカー株式会社LIXILが運営しているハウスメーカーです。

平均坪単価は38~45万円程度といわれているので、超ローコスト住宅にも対応が可能でしょう。

フランチャイズ制をとっていて、国内のフランチャイズ店は250を超え、国内最大規模のハウスメーカーのひとつです。

ただしフランチャイズ展開なので、会社によって施工品質やメンテナンス・アフターサービスの対応にバラツキが多くなる傾向があります。

近年ではインターネット限定販売の「i-Prime7」が注目されていて、価格は700万円台~となっています。

アイダ設計

アイダ設計は、年間着工件数が約2,700棟、平均坪単価が37~43万円程度の超ローコスト住宅メーカーです。

坪単価30万円台の住宅から高気密・高断熱住宅、二世帯住宅、ZEH仕様の住宅に至るまで幅広く対応しています。

自社販売なので、他のフランチャイズ経営のハウスメーカーに不安がある場合にはお奨めの会社です。

アエラホーム

アエラホームの坪単価は驚きの26万円といわれていますが、これは施工面積計算によるものなので、通常の延べ床面積で計算すると坪単価は30万円程度になるものと思われます。

最大の特徴は外張りW断熱工法と呼ばれる独自の断熱工法で、ワンランク上の高気密高断熱を実現していることです。

また低価格の割に標準装備のグレードが高いことが知られています。

レオハウス

レオハウスの年間着工件数は約1,700~1,800棟、平均坪単価は40~45万円程度といわれています。

元々はタマホームのフランチャイズで、その後独立して誕生したのが現在のレオハウスです。

人気商品は「大人気の家CoCo」で、基本装備からグレードアップしたい箇所だけを選ぶことができるため、無駄なコストをかけずに自分らしい家を建てることができます。

ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームの年間着工件数は約1,900~2,000棟で、平均坪単価は平均45~50万円といわれています。

ほかのローコストハウスメーカーよりも平均坪単価が少し高めですが、地熱を利用した暖房システム「地熱床システム」を自社で独自開発していて、光熱費を抑えると共に地震対策としても有効です。

【Q&A】超ローコスト住宅はいくらくらいで建てられる?

Q:超ローコスト住宅はいくらくらいで建てることができますか?

A:インターネットで検索してみると、500万円台で新築一戸建住宅を販売しているハウスメーカーが実際に複数存在しています。

しかしそのほとんどが平屋の住宅で、建坪は20坪未満になります。

またその多くは、建築対応可能地域が限定されている様です。

中には建坪が約12坪の1LDKの平屋(坪単価46万円)などといったものがあり、建築する人が狭い範囲で限定(単身者等)されてしまうことでしょう。

実際の使い勝手などを考えると、ファミリーで住むのであれば建坪25坪以上で1,000万円近くは見込んでおく必要があるでしょう。

まとめ

ローコスト住宅は、比較的少ない資金でも新築のマイホームを取得できるのが最大のメリットですが、デメリットも多いので購入する前には十分にデメリットを把握した上で検討することが大切です。

特に一般の住宅よりも建築した後のメンテナンス費用が高くなる傾向があるので注意が必要です。

またローコスト住宅を建てる際には、竣工後の保証やアフターサービスについての内容を良く確認しておくことも忘れない様にしましょう。

ローコスト住宅のメーカーの中にも、保証制度が充実しているメーカーもあります。

住宅は建築した後が重要なので、あまり建築費だけにとらわれ過ぎない様にしましょう。

また、ローコストハウスメーカー以外にも地域で評判の高い工務店がローコスト住宅を数多く手掛けていることもあります。

地場の工務店の方がローコストを実現しやすい面もあるので、複数の住宅会社を比較してみることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です