1,000万円で注文住宅は建てられる?費用の内訳や実現方法などをご紹介します

誰もが憧れるマイホームですが、多くの方にとって最大のネックは予算の問題ではないでしょうか。

特に注文住宅を建てるとなると建物の建築費以外にも土地の購入費用が必要になるので、借入額が膨らんでローンの審査に通らなかったり、月々の返済で家計が圧迫されてしまったりする可能性があります。

しかし1,000万円という低予算で家を建てることができれば、年収が低い若年層でも比較的容易にマイホームを取得することができます。

では1,000万円ではどんな家を建てることができるのでしょうか。

この記事では1,000万円で建てられる家とはどんな家なのかをご紹介すると共に、そのメリット・デメリットや1,000万円で家を建てるための方法などを詳しく解説します。

注文住宅にはどんな費用がかかる?

注文住宅を建てるためにはそもそもどんな費用がかかるのでしょうか。

まず注文住宅の費用の内訳からご紹介します。

土地の購入費用

土地の購入費用は注文住宅を建てるための費用の中で大きな割合を占めます。

特に地価の高い都心部では土地購入費の割合が高くなるなど、建築する場所によって費用が大きく変わります。

また駅近や日常生活の利便性、周辺環境などにこだわりたい場合には、土地購入に関わる予算配分が多くなります。

すでに土地を所有している場合には土地の購入費用はかかりませんが、地盤が悪い場合や、宅地として整備が整っていない場合には、地盤改良費用や造成工事費用、下水道管の引き込みなどのインフラ整備費用が発生することがあります。

住宅の建築費用

建物本体の建築にかかる費用です。

基礎工事費用や内外装工事費用、設備工事費用など住宅を建てるための全ての工事が含まれますが、建物の規模や構造、仕様、建築工事の依頼先などによって建築費用が大きく変わります。

尚、建築費用には住宅会社が公表している本体工事価格のほかに、外部給排水設備工事や外構工事などの付帯工事費用がかかります。

登記手続きにかかる費用

住宅を建築した際には、土地や建物の物理的現況と権利関係を公示するための登記が必要になります。

不動産登記手続きを行う際には、登録免許税、司法書士への報酬などの諸費用がかかります。

1,000万円の注文住宅はどんな家が建つ?

1,000万円の予算で注文住宅を建てるとなると、一般的な注文住宅の相場よりも価格をだいぶ抑えなければなりません。

注文住宅では、建築費の予算が多くなるほどクオリティーが高い住宅が建築可能になります。

では1,000万円の注文住宅はどの様な家になって、一般的な注文住宅と何が異なるのでしょうか。

1,000万円で建てられる家はこんな家

1,000万円の注文住宅は、延べ床面積が100㎡(約30坪)未満の家になると思います。

シンプルな四角い外観で建物の凹凸をなくし、無駄のない間取りレイアウトにして設備を最小限の機能に抑えるなど、極限まで無駄を省いた造りになります。

また無垢材や塗り壁、レンガ、石などの高価な仕上げ材は使えないと思った方が良いでしょう。

予算が2,000万円台になると延べ床面積が30坪以上の住宅が建築可能で、1,000万円の予算では妥協せざるをえなかったことが実現可能になります。

部分的に無垢材やレンガなどを使用したり、最新の住宅設備機器を導入したりするなど、比較的優先順位の高い要望については採り入れることができるでしょう。

予算が3,000万円になると、注文住宅のメリットを十分に活かすことができます。

延床面積40坪程度の家が建築可能で、外観デザインや間取りの自由度も高くなります。

そして4,000万円の予算が確保できれば、自分たちのこだわりのほとんどが実現可能になり、大手ハウスメーカーのハイグレードな商品を選ぶことも可能になります。

なぜ注文住宅が1,000万円で建てられるの?

1,000万円の注文住宅を可能にするカラクリ

ローコストで注文住宅の建築が可能になるのには理由があります。

決して低価格で粗悪な材料を使って、手抜き工事を行っているからではありません。

1,000万円の住宅は主に設計の規格化や施工の合理化を図ることで、人件費の省力化や建築資材のロスを削減してコストダウンを実現しています。

具体的には住宅の間取りやデザインを規格化することで、建築資材を限定し材料の大量一括仕入れを行ったり、現場作業を省力化して職人の手間を減らして工期を短縮したりします。

またこれにより、設計担当者や現場監督の手間を省くことも可能になります。

したがって間取りやデザインの自由度が低く、標準採用している建築資材のグレードは決して高くはありませんが、コストを優先しているためやむを得ないのが現状です。

1,000万円で注文住宅を建てるメリット・デメリット

1,000万円で家を建てるメリットとデメリットにはどの様なことがあるのでしょうか。

1,000万円で家を建てるメリット

・住宅ローンの審査に通りやすい

・月々の住宅ローンの返済が少なくて済むので、生活に余裕が生まれる

・頭金が少なくても月々の返済額が家賃並みで新築一戸建てを購入することができるため、20代でもマイホームを所有することができる

1,000万円で家を建てるデメリット

・間取りや仕様が限られている

・キッチン、バス、トイレなどの住宅設備機器の標準グレードが低い

・耐久性、耐震性、遮音性などの住宅性能面が劣る可能性がある

・デザイン性や素材の質感などが劣る

1,000万円で注文住宅を建てる5つの方法とは?

1,000万円の家づくりで最も重要なのは、如何にしてコストダウンを図るのかという点です。

凹凸の多い複雑な形状の家は施工の手間がかかったり、材料のロスが増えたりするので、余分な装飾をなくしてできるだけシンプルな家づくりを目指すことがポイントになります。

無駄を省いたシンプルな造りを目指す

部屋を洋室だけにして各部屋の仕上げ材を統一したり、キッチン・バス・トイレ・洗面室などの水回りを近くにまとめて配置したりするなど、無駄を極限まで省いたシンプルな仕上げや間取りにすることでコストダウンを図ります。

箱型の形状にする

家の形状を箱型にして総2階にすることで、同じ床面積でも屋根や外壁の表面積が少なくなるため、材料費や施工の手間を減らすことができます。

したがって建物を真上から見て正方形に近くなるほど建築費を抑えられます。

また1階と2階の間仕切り壁の位置を合わせると建物の強度が高くなるので、最小限の構造補強で済み、構造材のコストダウンにつながります。

片流れの屋根にする

屋根形状をシンプルな片流れにすることで、材料費や施工手間を削減できます。

また屋根勾配を緩やかにしたり、軒の出を少なくしたりすることで、屋根面積を減らすことが可能になります。

住宅内の設備は最低限の機能に抑える

キッチン、バス、トイレ、洗面化粧台などの住宅設備機器は必要最小限の機能に抑え、住宅会社が最も安く仕入れることができる商品を採用することで、コストを抑えることができます。

小規模な工務店やローコスト住宅専門のメーカーに依頼する

大手ハウスメーカーは建築資材を大量に一括で仕入れるため建築費の原価自体は安くなります。

しかし営業マンの人件費や多額な広告宣伝費がかかるため、その分の費用が建築費に上乗せされて、最終的な価格は高額になります。

したがって工事を発注する際には、一般的に小規模な工務店やローコスト住宅メーカーに発注した方が低価格で発注できる可能性が高くなります。

1,000万円の注文住宅で失敗しないためには?

1,000万円で注文住宅を建てるためには様々な制約があるといっても、不満だらけの家では生活していてもストレスがたまるばかりになりかねません。

1,000万円の注文住宅で失敗しないためには、どんな点に注意すれば良いのでしょうか。

この章では1,000万円の注文住宅で失敗しないためのポイントを解説します。

優先したいポイントを決めておく

1,000万円の予算では、たとえ注文住宅であっても全ての要望を叶えることはできません。

ある程度の妥協が不可欠になるため要望の優先順位を明確にして、どうしても譲れない点と妥協できる点をあらかじめ明確にしておく必要があります。

注文住宅以外の選択肢も検討してみる

1,000万円の予算で少しでも満足度の高い住宅を入手したいのであれば、注文住宅以外の選択肢を検討してみるのもひとつの方法です。

中古住宅や、どうしても新築にこだわりたいのであれば多少立地に難のある建売住宅などを含めて検討すれば選択肢が広がります。

予算管理をしっかり行う

注文住宅はひとりひとりの要望に合わせて、間取りや仕様をオーダーメイドで創っていく自由度の高さが最大のメリットですが、予算を決めないまま要望ばかりを反映させてプランニングを行うと、実現不可能なプランになってしまいます。

最初にある程度の資金計画を立てて予算を決め、その予算内で実現可能なプランニングを行うことが最も重要になります。

注文住宅の依頼先を精査する

注文住宅には定価がありません。

また住宅会社の規模や形態も様々です。

住宅会社によって構造や工法、標準仕様が異なるため、同じ間取りで複数の会社から相見積もりをとったとしても、金額が同じになることはほとんどありません。

また1社だけから見積もりをとったとしても、それが適正な価格なのかどうかを判断することができません。

したがって複数の住宅会社から相見積もりを取った上でそれぞれの内容を精査し、提案内容やサービスの良し悪しを十分に比較検討することが重要です。

1,000万円で注文住宅を建てる時の注意ポイント

1,000万円で注文住宅を建てるためには、コストダウンが不可欠です。

現在必要のない設備や使用頻度が少ない機能、過剰な装飾など、コストダウンできるところはできる限り削減することが大切です。

一方、将来のライフスタイルの変化を見据えて、柔軟に対応できる様にしておくことも重要です。

例えば子供の成長に合わせて将来部屋を2つに仕切れるようにしておく、高齢化に備えて壁に手摺の下地を設置しておく、2階にトイレを設置できるように近くまで配管を伸ばしておく・・・などです。

この様にしておくことで、建築費を抑えながらも将来的な出費を最低限に抑えることができます。

またコストダウンを検討するにあたっては、住まいの安全性や快適性に関わる部分については妥協しないことが大切です。

耐震性や気密性、断熱性、耐火性などをおろそかにしてしまうと、地震で大きな被害を受けたり、光熱費がかかったり、健康面で悪影響を受けたりして、結果的に大きな出費につながる恐れがあります。

自然災害に対する対策や省エネ対策、快適に暮らしていくための対策は決して怠ることがない様にしておきましょう。

【Q&A】注文住宅の相場はいくらくらい?

Q:注文住宅の相場はいくらくらいなのでしょうか?

A:住宅金融支援機構がフラット35の利用者を対象に行った2018年の統計調査によると、全国の注文住宅建設の所要資金平均は3,395万円になっていて5年連続で上昇しています。

このことから注文住宅の建築費用はおよそ3,000万円が相場と言えそうですが、このデーターはあくまでもフラット35の利用者に限られています。

そこでもう少し他の最新データーを見てみたいと思います。

リクルート住まいカンパニーが2019年11月に発表した「2019年注文住宅動向・トレンド調査」(調査期間:7/31~8/9)によると、注文戸建住宅を1年以内に新築・建て替えした人の平均建築費用は2,902万円だったといい、2018年に行った前回の調査よりも95万円増加したそうです。

全国平均だけでなく、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の平均額も2018年の調査から50万円増えて3,034万円だったそうで、全国的に増加している傾向です。

しかし全国、首都圏共にボリュームゾーンは「2,000万円~2,500万円未満」(全国で全体の23.3%、首都圏で全体の22.3%)で、このあたりが注文住宅の本当の相場と言えそうです。

一方、1,500万円未満の注文住宅の比率は全国で全体の7.1%、首都圏で全体の10.7%になっていて、首都圏では2016年以降毎年増加しています。

首都圏では土地の値段が高くて且つ土地の面積が狭いため、その分建物の建築費を抑える必要があり、建物の面積も小さくなることが原因と思われます。

まとめ

注文住宅を建てるためには、家の建築費以外にも土地の購入代金が必要になります。

土地の立地にこだわると土地購入予算の配分が多くなるので、家の建築費を削減する必要が生じます。

予算を最優先して家を建てたい場合には、1,000万円の予算で家を建てることが可能です。

しかし注文住宅のクオリティーは予算に大きく左右されるため、一般的な注文住宅よりも予算を抑えた1,000万円の家の特徴をよく理解しないで建てると、後悔する事にもなりかねません。

本記事では1,000万円の家の特徴や注意点などを解説しました。

限られた予算の中では、土地と建物の予算配分や建築工事の依頼先の選択が重要になります。

本記事の内容を参考にして、満足度の高い住まいづくりに役立てていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です